2012年7月16日 (月)

恋の脈釣りは最高に暑いぜ!

さて今日もコイ釣りである。それもメッチャ暑い午後の二時から。
今日は全国的に暑くなると、早朝より気象予報士は言っていた。なんでもさ玉の熊谷では予想気温が38度、ここ長野でも34度まで上がると言う。
そんな中での午後釣行・・・ 馬鹿かとは言わないでね^^;
なんせ午前中は隣の畑からニョキニョキと無断越境繁殖する筍および若竹の征伐に費やすため、おのずと釣りは午後となるのだ。

午前中の作業で汗びっしょりに濡れた衣服をすべて着替え、昼食後の睡眠もしっかりとり、なんとか熱中症ならんよう支度して、歩いて一分ほどのいつものコイ池へ行く。

池はどっちゃり濁りが入り茶褐色! みるからに釣れる気分でない。
仕掛けは急きょ決まった釣りのため、愛用の道具は無く、山の家に置かれし“よい子のフナ浮き釣りセット”の4段竿・・・ 1時間ほどエサつけてやったが、暑さと濁りでなのかピクリともしない浮き。
やはり私は浮きとは相性が悪い。

角なる上はと、もう1本の“よい子のフナ浮き釣りセット”をとり出す。
こちらの竿は同じ竿なのだが、針と糸はバス用。#2のマス針に6ポンドライン。前に来た時に、それをスプリット風に仕掛けしておいたのだ。

おやきの皮を針が半分ほど隠れる大きさに丸めて針に刺して落とす。そこからほんの少し浮かし気味にして竿を横に流すとコツンとあたる。
フナ用だけに、細い竿がグググとしなり、コイが走るとビュンビュンと糸が鳴る。

200120716_1
約20cm前後


20120716_2
約25cm超

他に20cm前後×2匹の計4匹の釣果♪
コイ釣りは脈釣りに限りますな(^_^)/~

えっ(゜_゜)
長野の最高気温35.6度!
どおりであづかったわけだ (^ ^;)

| | コメント (1)

2012年6月28日 (木)

地産地消釣法

行かれないとぼやきながら、昨日バスで今日は鯉の二連荘♪
されど条件厳し九、昨日と同じ30分。
エサは茶の間にあった饅頭。
饅頭は饅頭でも蒸かした饅頭と違い、土産用に売られてるお菓子の饅頭。

とほほ こんなんで釣りに・・・ なりませんわね:。いくら皮の部分を指でこねても、針に付ければパラパラと崩れる┐(´д`)┌ヤレヤレ
他にエサはなし、釣りの予定じゃなかったからルアーも持参してない。
ちょうど池の周りは草刈した草が積んである。暑くて地面が乾いていても、草の下の土は適度に湿り、苦労しなくともミミズなら手に入る。
角なる上はエサは現地調達。
道端の刈られ倒されている草をどけ、地面をちょっとかけば丸々太ったミミズ♪。これを少し大きめのバス針にワッキー掛け、ウキは・・・ 投げようと持ったらパリンと壊れたので、毎度おなじみの脈釣り釣法。
底まで落として、ちょと浮かす。

あはは ミミズ採りも入れて30分で4匹ゲット♪

2020628_3


20120628_1


20120628_2


| | コメント (0)

2012年6月27日 (水)

いやー 久しぶり♪

えーと・・・ バス釣りは久しぶりだな。
じいちゃんの入退院の繰り返し。退院を告げられると別の病院へと移動。容態は悪くなるばかり・・・、
そして今年の2月には昇天。その後、告別式&法事と行事が重なり、ついでにたこじろうの婚礼、姉ちゃんの酒入れ。来月もじいちゃんの新盆、隣の新盆、またその隣の新盆&8月は甥っ子の結婚式と、冠婚葬祭目白押し。
そして5月の末から、かあちゃん(嫁)の母親の入院し、毎日の病院見舞いに、一人取り残された山のじいちゃんんの安否確認。これじゃ行きたくても行かれない。
バスが呼ぶ、早く遊ぼうよと呼んでいる。
でも・・・

あはは 行っちゃいました。
本日午前、30分一本勝負。
30cm1匹。
おおっ一年ぶりのバス釣りで、小さいながらも久しぶりの感触♪

20120626_27_1


で・・・ この池では初釣果♪

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

コイしいお方は姿のみ

昨日の休日は家に引きこもり、平日の今日に釣りに行く。
まったくもってリタイア組みは気楽な稼業ときたもんだ^^;
ところが有り余る時間は釣りとはイコールにならずして、間隔開く無釣行の日々に恋しいバスはつれない素振りの肘鉄砲。

ということで、バスに見放された私、本日は戯れる相手を変えて山の池。
いつものバスロッドは降りだし竿のウキ仕立て、餌はルアーならず“おやき”の皮。
たまーにゃいいでねすかいウキみてのスロー釣り^^;

しかしここ最近の変調は海やいつも行くバス池にとどまらず、この池にも。
昔溢れるほどいたいたエビやヨシノボリは姿が見えず、バカスカ釣れた10~20サイズのフナやコイもここ最近姿を消した。
ヨシノボリやエビは水田の減少と護岸のコンクリート化が原因と私はみているのだが・・・
水田の減少で流れ込む水は少なくとも、通年池は満水状態。昔みたいな底が現れるほどの水替えなくて、腐敗した水草は底にたまる一方で水質悪化。
コンクリートで固められた護岸では魚が散乱したり遊ぶ場所がない。
そして“カワウ”の襲来でフナやコイは激減。
ほんと釣れない言訳じゃないが、魚はいなくなった。

今日も釣れない。
地区の人が言ってたように「フナや小さいコイはカワウで全滅したわい」
この言葉もあながち嘘じゃ無いみたいだ。
一時間ほど住宅地のそばで釣っていてもらちあかず、山手に移動する。
この山手はいつも大物が回遊してる場所。今日もまた50~70サイズの姿が見える。
“まさか”とは思ったが、その“まさか”にかけて竿を投げた。

“グググッ”とウキが沈み、竿が半月のように絞り込まれるが、嗚呼悲しい事に仕掛けは小鮒用、なんとか水面まで浮き上がらせたが、50のサイズじゃ哀れプチン。
しかしウキの仕掛けはすべて小鮒用、連れてもすべてがプチン。
そこで929の策。
もってた紫丸のオフセット針を、昨年海で購入したままで未使用だった2mのハリスつきのチヌ針に交換。
ウキがないので、針上40cmでガン玉のスプリット。それを投げてテキサスのように底をズル引き。否、テキサスよりももっと遅く。
ラインを張ったままでズリズリと。

?! クッタ!♪

ドラグが鳴りだし、さきの折れた紫丸がしなる。
走りだしたラインに目をやれば、優に70cmは越えている!!

うわっ、でっけぇ!! 人生最大魚♪

しかし抜き上げるすべもなく“タモ”もなく・・・ 最後はブチンッ!

でも今回の“ブチン”個所は、恒例の私が結んだ個所でなく、針の根元で切れました(笑)

| | コメント (1)

2011年4月24日 (日)

2011年 初釣行

「今日行かなきゃ あと少しの間行けないわよ」

なんと奇跡的な言葉がかあちゃんの口から!
なんせ昨年以来家庭の事情によりぐっと減ったわが釣行、以前状況改善なく、否もっと厳しい状況下・・・ まったくトホホthink
それがである“行って来い”のお言葉、行かない訳無いじゃないスか。

って、出かけたのが4月21日木曜日、時間は午後1時からの二時間、場所は小山田。

着いてみれば平日なのに先行者が2台あり。
期待感なしに灯篭に向けて第一投!
なんせ4月の釣果は・・・

あははは予想通りアタリなし
二時間やっても一回も無しcoldsweats01

快い疲労感と虚しさに小山田を後にしたが、さて次回はいつになるやら^^;

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

ふぐ のち はぜ

いやぁー 久しぶりの海釣りです。
と言うより釣り自体ひさしぶりです。

今回もチヌ師さんに誘われての出かけたのですが、出発時刻は今回も毎度おなじみのチヌ時間。
東の空に浮かんだ雲がぽつぽつ紅色から白っぽくなりだした頃。
心配していた天候もこの空見れば今日いちにち持ちそうです。
なにしろ今日の魚方は、西隣の富山県まで雨マーク、こっちの予報は曇りのち雨、へたすれば雨、このままもってくれー。
さて、」釣行場所はこの春のオフ会時に私がアイナメ大当たり(?)だった某漁港。
いざ行かん!!

チヌ時間出発でもあわてないチヌ師さん、高速降りてまず釣り具屋へ寄って餌購入。
餌の売り場はジャリメにゴカイ・アオイソメ、ぐにゃぐにゃ動く赤いのに青いの・緑色、どれをとっても気色悪いやつ。
餌どれにしますか?と聞く。
「イカの切り身は家から持ってきたから青イソメだけでいいよ、それから針は小さめに」とチヌ師さん。
ほ~い と返事して一パック購入。
オモリは3号、ブラクリ1号、針はチヌ3号にアイナメ4号

上越から海岸端行けば、寒くなった季節柄なのか、夏と違っ絵その割に少ない各漁港&海の釣り客たち。
チヌ師さんの話しではロックの魚はこれからがサイズアップ時期と言うんだが… やっぱ釣れないかな?coldsweats01

目的地の某漁港に到着、先客は4・5名ほど。
アオリイカの墨の痕ある岸壁上から眺めると、波の強かった春に比べれば穏やかな波、そして透明度も良く岩の間を行きかう魚の姿、岩にへばりついているイカならぬタコがはっきり見える。
そう、15~20cm台のシマダイにチヌ?(黒くみえたから)、群れで泳ぐキスみたいな形の魚、岩の間からは赤褐色の頭が出たり入ったり。
こんなの見ちゃ血中のアドレナリンが一挙に!!(笑)
が…
針になかなか餌のアオイソメが通らない。って言うか、細かく千切れてしまう。
ううう… いままでこんなことなかったのにぃーgawk

コン と群れていた魚の中で明確な手ごたえ。
釣れ上がったのは昔氷見で釣ったことがある色鮮やかで体表がぬるぬるした魚、結構引きも良い♪
「喰えますよ、白身で焼き魚にすれば大変美味しい」との声に、クーラーボックスへ。
でもこんなことで喜んでなんかいられない、狙いはその下にいるイシダイ。
1


さて、はずした針に餌付け… 
うううっ、またしても餌がグジュグジュ。
はぁ~ 生きの悪い餌を買ってしまったもんだ(T_T)

コツン あははは 今度はマス針#4で手乗りカワハギ釣っちゃった。
2


ゴン うわー ふぐ…

釣れりゃぁー ふぐ(;一_一)
イシダイ・メジナと次々に釣果上げ、「五目達成♪」と喜ぶチヌ師の横で、われは釣れればフグ、釣れなきゃあカワハギがコツコツと餌漁り。
魚影の割にゃー上がらぬ釣果。
11時回るころには完全にフグ専科(;一_一)

昼飯前に移動敢行。
いい場所探してきょろきょろ見れば、朝より幾分混んできた各漁港。
異動途中二か所ほど試し釣りしたてみたが、二か所ともフグ専科。
ああっ 食える魚が釣りたい!!

途中寄った釣り場でフグ専科を見舞い、餌持ち悪い餌との格闘に疲れ、つい愚痴が出た。
だめだよぉー 朝寄った釣具店、生きの悪いジャリメ売ってんだものー、すぐに餌がなくなっちゃうよぉー!
「アオイソメじゃないの?」
ジャリメって書いてあった。
「そりゃ悪い、アオイソメに比べジャリメは柔らかいもの、イソメっ言ったでしょイソメって!」
えっsign02 coldsweats02

あははは なんか私が間違えたみたいcoldsweats01

午後3時、最終場所はいつもの漁港。
あきらめ顔で竿をしゃくれば コツnote
4

餌持ち悪い餌に コッツンnote
3

ここに移動したらフグ釣れなくて、ハゼ専科。
コツコツコツと良く釣れる。が…  ここでタイムアップのチヌ時間、帰宅の時間となりました。
あぁ 無常… shock

でもね、釣りの神様は最後にほほ笑んでくれたのね。
お持ち帰りのアイナメは釣れなかったけど、ハゼは釣れたしね。
それに小さくともカワハギは今回人生初釣果note
いかが本日の釣果です
キュウセン2匹 約15cm 10cm以下のリリース組み数匹あり
カワハギ1匹 手乗りサイズ  リリース
アイナメ1匹 10cm リリース
それからチヌみたいな黒い魚、これもリリース
クサフグ多数 最大12~4cmくらい、もちリリース
マハゼ最大15cm 10cm以下リリース お持ち帰りとリリース組み合わせて二桁釣果はいったと思う
まー 大きいのいないけどねhappy02

それに天気も暖かくて風も無く、心配してた雨も家路へと帰る高速上まで雨を持たしてくれたのだからね、ほんと釣りの神様に感謝ですheart04
それとチヌ師さんにねsmile

追記
生まれて初めてキュウセンなる魚を焼いて食べてみた。

うっ 旨いnote
やはり 食えるサカナはえェ~のォ~happy01

| | コメント (3)

2010年9月22日 (水)

行きますか?

「行きますか?」

こんな日に限って聞いてくるかあちゃん。
珍しこと言えば雨ふるぞーっ、いや言わなくとも・・・
本日の予報 午前50% 午後40% 全国的に天気悪し

だが10時を回っても降ってこない。
連休にも行けず、明日秋分の日は完全に雨とのこと、ほいじゃ降るまで行ってきますか。

「帰りに農協回って65センチ幅のマルチ買ってきて♪」

これだったのね ^^;


お客さん3名ほど、内家一人は山際。
護岸のお客さんは階段付近まで攻め上がり中なので、私はパイプ付近でも。
最初はスピニングで。でもスピニングでもノーシンカーじゃ遠くに飛ばないから、本日は軽めのテキサスで。
一回、アタリがあったよーな、なかったよーな ^^;

バシャバシャ! おゝ 西側減水岸中央で大きいのを釣りあげてますわ♪

え!わたし?

P9220134_1
スプリットで30cm、この一匹だけでした (;一_一)
結局雨は、ちょっとパラパラ程度でした。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

ヤナギのドジョウ

死滅しただの、生態のバランスが崩れただのと、兎角今期釣果上がらない小山田池。
たしかに今年は変だ、つりをはじめてから10年、この間毎年小山田池を見続けてきたが、こんな年ははじめてだ。。
富栄養化し、クリヤーだった水は青汁になった。しかしこんなことははじめてだ、岸から見えるばすがいない、護岸でもだが、山際の岸辺を列なして泳いでいたバそれでもバスは泳いでいたし釣れた。
それが今年、ほとんど姿を見ない。いやバスどころかギルの姿も見ない。
そして下手な私ないどころか、上手いと言われてる人までがボウズの山を築いている
釣りをしてる人に聞けば、オカッパリどころかフローター、ボートまで、「一日中やってもアタリ一つとれませんでした」と。
確かにこれじゃ"死滅した池"だといわれるわけだ。

こりゃ私にとっては一大事なのである。体調崩して以来自らの運転で遠い池まで釣行は無理、近場の池は小山田池を除けばほとんど釣り禁止、川の釣りをしない私は小山田池が"壊滅"すると釣りを辞めなければならぬのだ。
と言うわけで、体調不良と今夏の酷暑をいい理由に今年は釣行数が激減。ホントの理由は"行けばボウズ"だから ^^;。
つまり釣れない池と化した小山田池と体調崩した下手な私がコラボすれば答えは一つ、『今期はボウズ』

ところが先日そんな池でこんな私が釣れちゃった。
それも大小2匹。
7月以来の釣り、そして例年なら40を超えてるのにいまだ一桁のバス釣り釣行数。
これで釣れたのだから奇跡である。

てな訳で、いもたろうとかあちゃんが「たまには一緒に遊びに行こうよ」と誘うことばを蹴飛ばして、本日もかすかな奇跡を求めて。
 
到着役10時、すでに車は5台ほど。水面には久しぶりにフローター2艇。
先日と同じ場所に立つ。
おおっ♪ アタリがある♪
さて今日もいってみよー というとこで、痛恨のライントラブル・・・ 釣行後のメンテナンスしないたたりですね ^^;。
あわてて治すも、すでに後の祭り、以後護岸でのアタリなし。

帰り際、悔しさ山側に。
姿みえるのはコギルに10cm以下のバスのみ。
なんとかここで15cm1匹。
やっぱり『柳の木の下はドジョウ』、バスはいなかった。

長々書きましたが、結局今日の釣果小バス1匹。

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

やっと初釣果 ^^;

「かあちゃん、ちょっと釣り行ってきてもいい?」

昼食時、妻にぼそぼそと小声でお伺い。
なんせ体調不良で仕事を辞めた身、ましてや今日は平日の木曜日、肩身狭くて大声では聞けぬ。

「いいわよ」
少し間をおいてのこの返事。
昨年までの釣行数に比べ、今年の少なさに哀れを感じたのかもしれない。

「ありがとう」の返事もそこそこに出かける準備。
ったって、行くつもりで午前中に準備してたのだ。(笑)
じつのところ最近小山田池が『おいで おいで』と私を呼んで悩ませるのだ、今夏の異常な暑さにはさすがの釣りバカでも二の足を踏む。
日蔭のない護岸釣り、ましてや老齢で体調不良の身なれば… 熱中症必至 ^^;。

そんな異常高温が、昨日の台風来襲で一気に涼しくなったのだ。
チャンスは今!
ましてや客のいない平日釣行。
まってろよ小山田、いま行くぞ!♪
っーたって、予想最高気温は30度なんだが ^^;。

あれっ? 途中、釣り具屋さんによってワーム補充して池に着けば、平日の昼1時過ぎなのに車が3台も!
護岸や減水で現れた灯篭東側岸に人影見える。
これじゃー 日曜日とかわんないや┐(´-`)┌
その後も結構入れ替わり立ち替わりで釣り人が多かったです。

本年度唯一の実績地、灯篭付近は先客が占拠。 とは言ってもバラシてんですがね ^^;

まっ 護岸ワンドからいきますか。
水は相変わらず透明度悪く青汁状態、見える深さはブロック一つ。
台風襲来、ゲリラ雷雨と最近多めの雨が降っても減水進行中、ただ今灯篭基礎部分上のへん。

スピニングにダウンショット、マス針に4インチグラブ。
うっ・・・ コギルの猛攻 ^^; でもバスのあたりなし。

パイプへ移動。
ここでもコギルの猛攻撃、でもコバスのアタリも数回。
しかしマス針にグラブじゃ、胴体太くて針先出ないのかすっぽ抜け。
いままでと同じで釣れない。

と、階段のとこで今日初ヒット♪
スピニングからベイトに持ち替えて投げる。
もちろん針はマス針でカミツブシ2個のスプリット。なんせ体調不良後、オフセット針と相性悪くあわせられないのだ。
向こう合わせで食わせたら、ベイト竿なのにキビキビした動きが伝わってくる。
そうなんだよなぁー この感触・・・
忘れていた感触が気持ちいい♪

釣りあげたバスは27とサイズはイマイチだけど、うれしい今年の初バス♪
20100909_1

念願の1匹釣れたけど、もー少しやってましょ♪

なんかさっきから同じ場所通すと、同じように"くっ"てくるところを発見したもんで。
そう このへん・・ この深さ・・
ツンツンとワームを泳がせる。

ごんッ!
キタ---ッ♪

持ってたベイト竿がギュンと弓なり、こりゃ40間違いなし♪
だが5月に目前で40upを二回も逃した前科もの、今回もばらしちゃ皆の笑い者。
無理せず、無理せず、泳がせて。
ぐんぐんと引く動きは鯉のよう。

ゲェーット!
今期初の40up グぅエェーット!♪

20100909_2

20100909_3
33か34ですかね(笑)

久しぶりなので、もう一枚(笑)
20100909_4

| | コメント (2)

2010年7月18日 (日)

夏だ! 海だ♪

てな訳で、ひょんなことから二日続けて海釣り挑戦♪
季節も昨日梅雨明け、夏本番へ突入♪
そして世間は三連休♪ (まっ わたしゃ終身連休中  コリコリб^^; )

てな訳って
「訳 わからん!」?
へへへ 実は釣り仲間のチヌ師さんが「今週はぜひにも海に行かなければ!」と力説してた。
木曜夜のメールにも『只今、海の準備中』とも。新聞・テレビでは「今週末は3連休です。後半に停滞し各地に大きな被害を出した梅雨も、この週末には明けるそうで、久しぶりに青空がもどり、お出かけにはもってこいの天気になるでしょう」なんて言ってる。
こりゃ どー考えても、チヌ師さんはじめ皆さん、海に行ってるわな (T T)
わたしゃ 終身連休中。でも、「日曜以外、釣りに行きたい」と申せる身分でもないし・・・
まっ 今日は釣りあきらめてぇっと 朝4時半に自称『徘徊老人』の日課、町内散歩の旅に。
9千歩歩いてきたら、いもたろうが「バイク満タンにして、その後すこし乗り回してくる」と、入れ代わり出掛けて行った。
さて、朝食後はかあちゃんの趣味『畑作業』のお手伝いでも、葉っぱ埋めるでかい穴掘る約束してたしな。っうんでスコップ手に持てば、梅雨明けたのにパラパラと。いもたろうも30分程で帰宅。
あー やることないって たいくつだーあっ! みんなは海! おれも行きてぇーっ!
だれかれなしと大声で叫べば、「おれ 乗せてってやるか?」と唐突にいもたろう。
時計を見れば8時半、高速飛ばせば10時には海♪、かあちゃんも「いいよ」。
じゃー 行きますか♪

さて、勢いで家を飛び出したはいいkれど、海釣りはわたしゃ素人、いつもチヌ師さんにお任せっぱなし。
「どこ行く?」といもたろうに聞かれたが・・・ はて、こまった。
そこで思いついたのが、直江津にある海の釣り公園。
ここなら貸し竿・餌も用意してあるので手ぶらでもOK。そして足場も良いのは前回5月海釣行時に確認済み。
いもたろう、目的地は決まった、いざ急げ!♪

だがこのいもたろう、よっぽど緊急のときしか高速に乗らない。
やっぱし今日もあせる私に関係なくのんびり下道遊山運転。10時には海の予想はもろくも崩れ、結局目的地の釣り公園に着いたのは11時10分過ぎ。

入場券に餌、釣り竿借りて二人でしめて八百円。
まっ のんびりとウキ眺めながらのサビキ釣りと思ったら、なんと竿は安投げ竿にリールのセット、ナツメオモリの下にハリスのチョー簡単仕掛け。そして餌は細いチューブに入った赤い人口餌(ワーム?)。
まっ ここまではいいでしょう。ただね、浅い岩場で釣り環境としては申し分ないが、遠目で見たのとは大間違いで、高さは二階の高さ、足場は網目状鉄板で下丸見え、おまけに釣るとこの柵(?)の高さは踝高。
高所恐怖症の二人、怖くてへっぴり腰、怖くて釣りにならんわ。

暑い中、ねばって3時間、釣り上げたのはフグ2匹・・・ 。
でもね、となりでやってたにいちゃんはコマセで魚呼び込み、カレイはじめ根魚をけっこう釣ってたし、家族連れもアイナメけっこう釣ってましたとこみると、マイ竿、生餌持参ならけっこう良いかも。トイレ・水もあるしね♪

まっ楽しみは次回で、道が込む前に帰りましょっと、車に戻って家へ『これから帰るよ』と連絡しようとケータイ見たら、ここへ着いた11時ころにチヌ師さんよりメールが入ってた、『明日、海へ行きませんか』と。
あはは、気が付きませんでした。^^;

| | コメント (0)

より以前の記事一覧