2010年5月 9日 (日)

あぁ… 今年も

本年2度目の小山田詣で。
初回の3日の日に比べて、水の透明感がちょっと良くなってる感じ。
しかしゴールデンウィーク連休明けの日曜という訳なのか・・・
はたまたかあちゃんからの業務命令で、早朝に芝刈りをし、8時という中途半端な時間帯で、早朝のお客さんが帰っちゃった後だったのか・・・
それとも一時の過熱気味だったバスフィシングブームに陰りがさしたのか・・・
いづれにしてもお客の足が遠のいてる。
まっ このほうが私としちゃうれしいんだけどね(*^.^*)

午後、夕方は用事があるので『午前中だけ』という約束で、タックルはえびす丸にhiroリールだけ。
糸は早朝に芝刈りっうんで、4時に起き、しっかり巻いてきた。

頃は春風すぎて、五月風、新緑まぶしく、遠きアルプスの雪渓美しき時期、そろそろ愛を語り合う頃。
と、思って来た先週は完全に勇み足のかたすか、朝から昼までやって1回だけのアタリのみ、さて今週はいかがなもんか・・・

あっ!! いたぁーっ♪

すこし透明感が増した護岸際に数匹バスの姿。
これはみっけもん、とダウンショットにセコ4inワーム。
そっ、ほんらいの私の釣りスタイル、原点回帰である。
えいっ やーっ! ピュ・・・

え!?

スプールの糸が逆巻きで、ただただ糸が出てきた挙句にグッチャグチャ。
どーも慌てててフリーにしたままで逆回転で巻いちゃったみたい。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

リールはこの一個しか持ってきていなかったので、巻き戻そうとしたら、もグチャグチャに。
バスがいるのに 釣りできん (p´□`q)゜o。。

うううっ 釣りしたい・・・ が、糸が無い・・・ が、釣りしたい。

今年もキタキタ流苦肉の策タックル出現である。
名づけて『 929392号 』
何本かの短く切り捨てた糸を、何本も結び繋ぎ、その先にバックの中に入ってた一番糸が長い仕掛け、『のべ竿用』2本針フナ釣り仕掛けを結びつけた。
袖はり6号、ハリス1号、道糸1.5号と頼りは無いが、無いよりまし。
棒ウキをはづし、針には拾った緑色の4inストレートワームをチョン掛けノーシンカー。

だみだ 結び目の抵抗と、ワームの軽さでぜんぜん飛ばない。
投げても灯篭までとどかない長さ。

そんだば っうことで、こんまい針の付け根にカミツブシ、シェイクは横動きキタキタ流。
引いてくると軽いアタリ。
と、かあちゃんから『急用』の帰れコール。
電話しいしい、同じところを数回通すと、ググッて抵抗。

おっ! 40超え♪

ジャンプしないよう竿先水中に沈め、慎重に、慎重に寄せる。
岸まで寄せれば42~3、水面上でのどチンコの奥まで見えるほどに開いた口はデカイ♪
その口に指が触れるが、姿勢悪く、手が伸ばせぬ私。
あと数ミリ・・・

つい、いつもみたいに竿先あげてしまった。
いつもの癖、抜きあげよろしく、真上に向けてピンと糸を張ってしまった。

ぷつん ・・・

| | コメント (0)