« 2011年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2011年6月

2011年6月 6日 (月)

コイしいお方は姿のみ

昨日の休日は家に引きこもり、平日の今日に釣りに行く。
まったくもってリタイア組みは気楽な稼業ときたもんだ^^;
ところが有り余る時間は釣りとはイコールにならずして、間隔開く無釣行の日々に恋しいバスはつれない素振りの肘鉄砲。

ということで、バスに見放された私、本日は戯れる相手を変えて山の池。
いつものバスロッドは降りだし竿のウキ仕立て、餌はルアーならず“おやき”の皮。
たまーにゃいいでねすかいウキみてのスロー釣り^^;

しかしここ最近の変調は海やいつも行くバス池にとどまらず、この池にも。
昔溢れるほどいたいたエビやヨシノボリは姿が見えず、バカスカ釣れた10~20サイズのフナやコイもここ最近姿を消した。
ヨシノボリやエビは水田の減少と護岸のコンクリート化が原因と私はみているのだが・・・
水田の減少で流れ込む水は少なくとも、通年池は満水状態。昔みたいな底が現れるほどの水替えなくて、腐敗した水草は底にたまる一方で水質悪化。
コンクリートで固められた護岸では魚が散乱したり遊ぶ場所がない。
そして“カワウ”の襲来でフナやコイは激減。
ほんと釣れない言訳じゃないが、魚はいなくなった。

今日も釣れない。
地区の人が言ってたように「フナや小さいコイはカワウで全滅したわい」
この言葉もあながち嘘じゃ無いみたいだ。
一時間ほど住宅地のそばで釣っていてもらちあかず、山手に移動する。
この山手はいつも大物が回遊してる場所。今日もまた50~70サイズの姿が見える。
“まさか”とは思ったが、その“まさか”にかけて竿を投げた。

“グググッ”とウキが沈み、竿が半月のように絞り込まれるが、嗚呼悲しい事に仕掛けは小鮒用、なんとか水面まで浮き上がらせたが、50のサイズじゃ哀れプチン。
しかしウキの仕掛けはすべて小鮒用、連れてもすべてがプチン。
そこで929の策。
もってた紫丸のオフセット針を、昨年海で購入したままで未使用だった2mのハリスつきのチヌ針に交換。
ウキがないので、針上40cmでガン玉のスプリット。それを投げてテキサスのように底をズル引き。否、テキサスよりももっと遅く。
ラインを張ったままでズリズリと。

?! クッタ!♪

ドラグが鳴りだし、さきの折れた紫丸がしなる。
走りだしたラインに目をやれば、優に70cmは越えている!!

うわっ、でっけぇ!! 人生最大魚♪

しかし抜き上げるすべもなく“タモ”もなく・・・ 最後はブチンッ!

でも今回の“ブチン”個所は、恒例の私が結んだ個所でなく、針の根元で切れました(笑)

| | コメント (1)

2011年6月 2日 (木)

バス停

釣行2回目。
そう・・・ 家庭の事情で、やっと2回目の釣行。
それも二時間、雨の中。
そしてボウズcrying

5月末の台風二号の大雨、そして梅雨入り。
連日の雨に池の水量は満水状態。
護岸を歩くもバスの姿は一匹も見えず、投げてもアタリ一つなく、そして着いて早々からぱらつく雨。
いったいこの池のバスはどこへ行ってしまったの?

| | コメント (1)

« 2011年4月 | トップページ | 2012年6月 »